BLOG

投稿:2022.07.25

170. リハビリイベントであおいは作のキャラが活躍・須賀川市訪問リハビリ研究会

はなのころデザインのキャラクターデザイナー・あおいはが制作したリハビリ専門職の妖精キャラクターが、このほど福島県須賀川市でのイベントで使用されて活躍しました。キャラをお届けした須賀川市訪問リハビリ研究会主催のイベントで、ぬり絵としてキャラが登場し、子どもたちから人気を集めました。

※掲載写真は須賀川市訪問リハビリ研究会提供

 

イベントは写真展「訪問から見える景色」。7月17日の理学療法の日に合わせ、18日までの4日間、須賀川市市民交流センター「tette(てって)」で開催されました。リハビリ訪問で出会った景色を切り取った写真が展示されたほか、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をPRする展示、介護予防などを呼び掛ける動画が上映されました。会場ではリハビリを多くの人に知ってもらおうと、あおいはがデザインしたかわいい動物にリハビリをする妖精キャラのぬり絵を無料で配布。広報チラシにも使用されて来場を呼び掛けました。

 

同研究会事務局によりますと、準備したぬり絵150枚は2日目で無くなり追加印刷したという好評ぶり。女の子からは作業療法士の妖精キャラが人気だったといいます。事務局担当者のお子さんはイラストを見て「この理学療法士って何?」「何、持ってるの?」と質問攻めだったそうで、リハビリ専門職をやわらかく一般の方々に知ってもらえるきっかけになったとおっしゃってくださりました。

キャラクターがイベントを呼び掛けたチラシ

あおいはが制作したリハビリ専門職の妖精キャラクター

【須賀川市訪問リハビリ研究会】
事務局:社会福祉法人いわせ長寿会・訪問看護いわせ長寿苑
お問い合わせメール:sukareha@gmail.com

アーカイブ