BLOG

投稿:2022.10.17

205. コラボでグッズを作ったご報告・広報紙「はなのころ便り」16号

広報紙「はなのころ便り」の16号です。先月はコラボしてハンドメイドグッズを作りました。そのほか、「はなのころギャラリー」の展示作品を入れ替え、新メンバー・ゆずゐの紹介などを取り上げています。

***今月16号のダウンロード***

編集後記:「猪木の常識は非常識」。アントニオ猪木さんはその通りの生き方をして、さぞ世間から笑われ非難されたものでしょう。モハメド・アリとの異種格闘技戦も当時は「茶番」と揶揄され、政治家になればイラクや北朝鮮に渡る独自外交をして批判される。闘病した最後はプロレスラーの面影もない弱々しい姿を動画で公開し、これまた賛否があったよう▼猪木さんの人生訓「道」を知ったのは大学受験生の頃。「道」を読む引退スピーチを聞いて、猪木信者でもプロレスファンでもないですが勇気をもらいました。「道」は今でも私にとって人生の節目で背中を押すフレーズの一つ▼いうなれば、自ら定職に就いていない私は非常識か。そのくせ臆病なので「会社を辞めて人生は大丈夫か」「障がい者を支援する前に自分を支援しろと笑われるのではないか」「みんなにドン引きされるだろうし、人に見られるのが怖い」。その手の不安は「あるある」▼その時は思い出す。「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道になり、その一足が道となる。 迷わず行けよ、行けばわかるさ 」。ということで「ありがとー!」(代表・西山)

***広報誌バックナンバー***

アーカイブ