BLOG

投稿:2022.04.26

131. はなのころギャラリー①*櫻井智美の油絵3枚、「古滝屋」さんで展示販売・ギャラリー開始・第1期:2022年4月24日〜6月24日

はなのころメンバー・櫻井智美の油絵3枚を4月24日から、福島県いわき市の老舗旅館「古滝屋」さんで展示販売を始めました。F20号の大作や、ダイソーが販売する今年のカレンダーの挿し絵に採用された作品を出品。作家のやりがいにつなげ、来場者の目を楽しませます。「はなのころギャラリー」として今後、発表の場を求めている本格派の障がいアーティストの受け皿をつくったり、展示場所を増やしていきたいです。

*出品作品
櫻井智美の絵画歴は10年。今回展示した絵は、「チューリップの咲く横浜公園」(2015年・F20号)、「実りの秋を感じて」(2020年・F4号)、「花咲き溢れて」(2021年・F4号)です。「チューリップの咲く横浜公園」は複製画が学校や企業に複数販売されています。ダイソーのカレンダーに採用された絵は「実りの秋を感じて」。「花咲き溢れて」は色鮮やかな花々が印象的な新作です。

「チューリップの咲く横浜公園」

「実りの秋を感じて」

絵が採用されて挿し絵に使用されたダイソーのカレンダー

「花咲き溢れて」

* 展示場所
ギャラリーは昨年末から計画。自宅で眠っている絵を多くの方に見てもらえたら絵画活動にやりがいが生まれ、展示した場所は華やいで来場者が楽しめると思い準備を進めてきました。そこでグッズ販売で協力をいただいている「古滝屋」さんに障がい者支援の一環で、ギャラリースペースを提供いただきました。展示場所は6階「大黒の湯」入口前の「湯上がり処」のショーケース。温泉に入浴した後、飲み物を飲んでいい気持ちの中で絵をご覧になってもらえるスペースで、作品が華やかに彩っています。

* 発表の場づくりへ
「はなのころギャラリー」は今後、発表の場ややりがいを求めている本格派の障がいアーティストがいれば展示場所を探していきたい考えです。展示の報告を受けた櫻井智美は「絵を見ていただける機会を得たこと自体、本当に感謝です。古滝屋の館主にもありがたい気持ちでおります」と感謝し「障がい者の方たちとたくさん絵を描いて飾って、色々と広がりが今後もできるといいですね」とメッセージ。障がいで苦しんでいる方々に助けや励ましになっていきたいという思いも新たにされていました。

*古滝屋*

住所:福島県いわき市常磐湯本町三函208
ホームページ
フェイスブック
ツイッター
インスタグラム

 

【展示作品】
<チューリップの咲く横浜公園>
    

<実りの秋を感じて>
     

<花咲き溢れて>
    

アーカイブ