BLOG

投稿:2022.11.24

222. はなのころギャラリー4期目*別のチャリティー展に備え、作品入れ替え・「古滝屋」さん(福島県いわき市)・2022年11月23日〜

福島県いわき市の老舗旅館「古滝屋」で常設展示している「はなのころギャラリー」の絵を11月23日、来月別会場で予定しているチャリティー展に出展するために入れ替えました。チャリティー展で展示する櫻井智美えむえむの絵を全て搬出。展示していたtetsuya(てつや)の3作品はそのまま残し、さらにてつやの2作品を追加した計5作品を飾っています。

* 作品「葡萄」「sleep」を追加

ギャラリーは「古滝屋」さん6階の湯上がり処。新たに飾ったてつやの2作品は、油絵「葡萄」(2022年・F4)と色えんぴつで描いた「sleep」(2008年ごろ・F4)。別会場で予定している作品展「はなのころチャリティー小品展〜春待つ」は12月3日から、いわき市のアートサロンいわきで開かれます(*詳細記事リンク)。この作品展が終わり次第、また古滝屋での常設展の作品を入れ替える予定です。

<古滝屋>

住所:福島県いわき市常磐湯本町三函208
ホームページ
フェイスブック
ツイッター
インスタグラム

【はなのころチャリティー小品展〜春待つ】
内容:はなのころメンバーと、賛同いただける作家20人の作品を展示。賛同作家(※以下に名前)にはお求めやすい価格のプレゼント向けの小品を出展していただき、利益の一部をはなのころの活動費として善意を寄せていただきます。多くのアートファンにお立ち寄りいただき、メンバーの作品をご覧いただける機会にして来場者の目を楽しませます。
会期:2022年12月3〜12日(6日火曜と7日水曜は休館)
時間:10〜17時(最終日は15時まで)
会場:アートサロンいわき(福島県いわき市中央台飯野2丁目25-6)

賛同作家(五十音順・敬称略)
会田光子(絵画) 、安斉重夫(鉄の彫刻)、猪狩泰人(陶芸)、石川貞治(絵画)、江尻るみ子(絵画)、賀澤宏子(クラフトかご)、草野輝美(クラフト)、小林工悦(日本画)、坂内宏年(動物木工)、坂内ゆき子(着物リメイク)、佐藤界(陶芸)、鈴木儀一(絵画)、高萩きよ子(絵画)、高山恵美子(小物アクセサリー)、粒来重人(絵画)、鶴見真佐子(絵画)、箱崎りえ(陶芸)、濱田正弘(水彩)、藤田邦弘(絵画)、未来野ひかる(工芸アート)

 

アーカイブ