MEMBER / FACILITY

古代文字で写経する「経師」 一匡(いっきょう)

生年月 1989年2月
出身地 福島県浪江町
障がい種別 発達障がい
はなのころ歴 2022年8月に加入、メンバー11人目の9期生
写経歴 2011年11月から。これまでA4用紙で1300枚以上書いている
写経の特徴 ボールペンや墨で書く。宗派に関係なく、3300年前、2700年前、2200年前の古代文字が書ける。見本を見なくても現代の漢字をすぐに古代文字で書ける
写経以外の趣味 ゲーム、アニメ、映画鑑賞、温泉だったが、写経を中途半端にできず写経を続けている
生きにくいこと 言葉のコミュニケーション、方向音痴
他の篆刻家の先生のように、海外で作品を展示してみたい

一匡は東日本大震災の避難者で、故郷を追われて写経を始めました。犠牲者や苦しんでいる方々に思いを馳せ、新型コロナ禍が始まった時は薬に関するお経を書いたり、北海道知床半島で観光船の事故が起こった今年は海の平安にまつわる海龍王経を書き、平和の願いを込めて筆を握っています。本人は「生きがいのために書きたい」といい、趣味の域を超えたこの能力をもっと社会のために役立てられないかを模索していきます。

写経を初展示・城満寺(徳島県)田村住職からお言葉も

福島県いわき市の龍雲寺で開かれた写経会で2022年10月8日、初めて作品を一般公開しました。作品を見た参加者が「きれい」「すごい」と声を上げ、手を合わせたり一匡に写真撮影を求めたりする場面も。この日訪れた四国最古の禅寺で知られる城満寺(徳島県海陽町)の田村航也住職から「これからも書き続けてください」と励ましのお言葉をいただきました。

海龍王経

2022年10月、海の災難を鎮める「海龍王経」を古代文字で写経し終えました。今春に発生した北海道知床半島での海難事故を受けてこの写経を開始。半年掛かりでA4ノート4冊に書き上げ、海の平安を願いました。